マカオの歴史

 

歴史に残るマカオの最初の定住者は、中国人の漁民や農民でした。Canton (現在の広州) から流れる珠江の河口に位置していることから、当時は澳門 (「貿易の門」) として知られていました。その昔、この港町は伝説のシルクロードの一部で、ここから船でシルクをローマへ、銀を日本へ、またさまざまな香辛料を他の場所へ運びました。

 

1550年代初め、ポルトガル人が澳門へやってきました。当時、この地は船乗りの女神である媽祖を称えて「媽の場所」とも呼ばれていました。媽祖を祀る寺院は今でも保護された内港の入り口に建っています。ポルトガル人は広東省の高級官僚の許可を得てこの名を採用し、それが徐々に「マカオ」に変化していきました。彼らがここに建設した町は、まもなく中国、日本、インド、そしてヨーロッパとの貿易の重要な拠点に発展しました。マカオは自然に東洋と西洋の文化が融合する中心地となったのです。

 

現在、マカオは中国の特別行政区であり、香港と同様、「一国二制度」の恩恵を受けています。マカオの観光業は幅広いホテル、リゾート、スポーツ施設、レストラン、エンターテイメントのオプションを提供して世界クラスを維持していますが、近年では観光業と並んで織物、靴、電子機器、玩具、金融および銀行サービスなどの産業も盛んです。 

 

 

 

 

知っておくべき情報
お勧めの旅程