None

ゴンドラ ライド

船頭がセレナーデを歌いながら、ショップス アット ベネチアンのサンルカ、マルコポーロやグランドカナル運河をご案内いたします。記念撮影も行っております。旅の記念に是非 !


 

ショップス アット ベネチアンの運河を下る本場のロマンティックなゴンドラを体験しないでベネチアン マカオへの旅を終えることはできません。

  • 記念撮影も行っております。旅の記念に是非 !
  • チケットは Boutique di Gondola (ショップ 832) および Emporio di Gondola (ショップ 891) でお求めいただけます。

チケット:

  • Boutique di Gondola、ショップ 832
  • Emporio di Gondola、ショップ 891

料金 :

  • 大人 - Mop128 (乗船 1 回あたり) 
  • 子供 - Mop98 (乗船 1 回あたり) 
  • プライベート ゴンドラ - Mop512 (乗船 1 回あたり)

 

ゴンドラ乗船体験にようこそ!

ゴンドラの船頭によるセレナーデを聴きながらショップス アット ベネチアンの運河を巡るロマンチックな運河の旅をお楽しみください。準備はよろしいですか? 体験を思い出深いものにするため、以下の説明をお読みください。



ゴンドラ乗船の歴史

ゴンドラはベネチアの伝統的な手漕ぎの平底ボートです。カヌーに似ていますが、幅が狭い点が異なります。ゴンドラは数世紀にわたってベニスの主要な交通手段として用いられ、最も一般的な水上船でした。この伝説的なボートは現代もベニスの公共交通手段の役割を担っており、グランド・カナルを渡る渡し舟(フェリー)として使用されています。もっとも、現在の主な役割は観光客を固定料金で運ぶことです。17~18世紀には8千艘から1万艘のゴンドラがあったと推定されています。現在活躍しているゴンドラは400艘程度で、実質的にそのすべてが観光客のチャーター船として利用されています。




イタリア語を学びましょう!

イタリア語の慣用表現をいくつかご紹介します。ゴンドラの船頭から学んで使ってみましょう。

 ありがとうございます。   Grazie. 
 どういたしまして。  Prego.
 お願いします。    Per favore.
 はい  Sì.
 いいえ  No.
 すみません。  Mi scusi.
 分かりません。  Non capisco.
 イタリア語は話せません。  Non parlo italiano.
 名前を教えてください。  Come si chiama?
 お元気ですか?   Come va?
 トイレはどこですか?  Dov’è la toilette?

 


有名なイタリアの歌

次に、有名なイタリアの歌をいくつかご紹介します。ゴンドラの船頭が歌ってくれるかもしれません。

  • オーソレミオ
  • アドリアーノ・チェレンターノ – アズーロ
  • ウンベルト・トッツィ – ティ・アーモ
  • エミリオ・ペリコーリ – アルディアラ

ショップス アット ベネチアンの運河を下る本場のロマンティックなゴンドラを体験しないでベネチアン マカオへの旅を終えることはできません。

  • 記念撮影も行っております。旅の記念に是非 !
  • チケットは Boutique di Gondola (ショップ 832) および Emporio di Gondola (ショップ 891) でお求めいただけます。

チケット:

  • Boutique di Gondola、ショップ 832
  • Emporio di Gondola、ショップ 891

料金 :

  • 大人 - Mop128 (乗船 1 回あたり) 
  • 子供 - Mop98 (乗船 1 回あたり) 
  • プライベート ゴンドラ - Mop512 (乗船 1 回あたり)

 

ゴンドラ乗船体験にようこそ!

ゴンドラの船頭によるセレナーデを聴きながらショップス アット ベネチアンの運河を巡るロマンチックな運河の旅をお楽しみください。準備はよろしいですか? 体験を思い出深いものにするため、以下の説明をお読みください。



ゴンドラ乗船の歴史

ゴンドラはベネチアの伝統的な手漕ぎの平底ボートです。カヌーに似ていますが、幅が狭い点が異なります。ゴンドラは数世紀にわたってベニスの主要な交通手段として用いられ、最も一般的な水上船でした。この伝説的なボートは現代もベニスの公共交通手段の役割を担っており、グランド・カナルを渡る渡し舟(フェリー)として使用されています。もっとも、現在の主な役割は観光客を固定料金で運ぶことです。17~18世紀には8千艘から1万艘のゴンドラがあったと推定されています。現在活躍しているゴンドラは400艘程度で、実質的にそのすべてが観光客のチャーター船として利用されています。




イタリア語を学びましょう!

イタリア語の慣用表現をいくつかご紹介します。ゴンドラの船頭から学んで使ってみましょう。

 ありがとうございます。   Grazie. 
 どういたしまして。  Prego.
 お願いします。    Per favore.
 はい  Sì.
 いいえ  No.
 すみません。  Mi scusi.
 分かりません。  Non capisco.
 イタリア語は話せません。  Non parlo italiano.
 名前を教えてください。  Come si chiama?
 お元気ですか?   Come va?
 トイレはどこですか?  Dov’è la toilette?

 


有名なイタリアの歌

次に、有名なイタリアの歌をいくつかご紹介します。ゴンドラの船頭が歌ってくれるかもしれません。

  • オーソレミオ
  • アドリアーノ・チェレンターノ – アズーロ
  • ウンベルト・トッツィ – ティ・アーモ
  • エミリオ・ペリコーリ – アルディアラ

ご案内

運河営業時間 :

グランドカナル : 午前 11 時~午後 10 時 
マルコポーロ : 午前 11 時~午後 10 時
サンルカ : 午前 11 時~午後 7 時


* チケットをお求めの際は営業時間をご確認ください。